研修

2014年度教育学習月間大学習会

鹿児島医療生協では「自己学習」を中心に、職場での「職場教育」で日常的な業務について学ぶとともに、全職員を対象にした「制度教育」で階層別の教育を行っています。

制度教育については、新入職員から管理者までほぼすべての職員を対象に、それぞれの階層に合わせた内容で研修を行います。入職直後は全職種合同で基礎研修を行い、鹿児島医療生協の歴史と活動計画、社会人としての心構えやマナーについて学びます。その後3ヶ月、6ヶ月ふりかえり研修では、入職後をそれぞれふり返り、自身の新たな目標を設定したり、同期職員同士の交流も深めたりしています。

階層別研修については、医療・社会保障をめぐる情勢の学習を中心に、今後の私たちの課題や役割を明確化し、現場での成長をすすめる機会としています。また、より主体的・積極的に参加できるワークショップ型の事例検討会やコミュニケーション学習なども取り入れています。

私たちのめざす民主的でより良い医療・福祉を実践するために何が必要かを常に考えながら、社会人として、また医療人として共に学び、成長し合う教育活動をすすめています。

制度教育研修(階層別研修)

  • 新入職員基礎研修
  • 3ヶ月ふりかえり研修
  • 6ヶ月ふりかえり研修
  • 2年目職員研修
  • 3年目職員研修
  • 4、5年目職員研修
  • 6~9年目職員研修
  • 10年目以上職員研修
  • 新任職責者研修
  • 副主任研修
  • 主任研修
  • 管理者研修

 

 

このページのTOPへ